醍醐寺の桜

拡大

醍醐寺

桜のシーズンは大混雑となる京都の世界遺産醍醐寺
醍醐寺霊宝館の巨大な枝垂桜「醍醐深雪桜」は必見です。

なんというリーチの長さ!
(残念なことに老齢のため、近年はだいぶんお疲れの姿になってきています。)

こちらは五重塔をバックに咲く枝垂桜



唐門と桜。
醍醐寺の桜写真


塀の向こうに見えるは土牛の桜。
醍醐寺の桜写真


三宝院の門をくぐってすぐの土牛の桜。日本画家 奥村土牛氏にちなむ桜。
醍醐寺の桜写真


京都市で最大の境内地を持つ世界遺産醍醐寺。五重塔は京都府最古の木造建築物。 醍醐寺の桜は1000本。巨大な枝垂桜が何本もあり、スケールが違う印象です。 豊臣秀吉が最晩年に「醍醐の花見」を行った場所でもあります。秀吉はそのために何度も下見をし、新たに桜を700本移植し、三宝院を復興したそう。いまも豊太閤大観桜行列が行われます。

三宝院の土牛の桜。
醍醐寺の桜写真


醍醐寺の桜写真


五重塔と枝垂桜。
醍醐寺の桜写真


五重塔と枝垂桜。画面ほとんどピンク。
醍醐寺の桜写真


仁王門の桜。
醍醐寺の桜写真


霊宝館の桜。
醍醐寺の桜写真


霊宝館の桜。
醍醐寺の桜写真


霊宝館の桜。
醍醐寺の桜写真


五重塔を遠望。しだれ桜も見えます。
遠くからならタダでお花見できます。
醍醐寺の桜写真


報恩院の枝垂れ桜。
醍醐寺 報恩院の桜写真
醍醐寺 報恩院の桜写真


山門の山桜。
醍醐寺の桜写真
この記事をシェアする

但し書き
フィード